夜逃げの実態

多くの借金を抱え、夜逃げをしなければならない状況に陥っている人がいます。債権者の厳しい取立てや苦しい経済状況から逃げることが出来たら、どんなに楽だろうと考え、最終的に夜逃げをしてしまうようです。

夜逃げの実態(つづき)

夜逃げは年間数万人以上といわれています。夜逃げをした後、その人たちはどうなるのでしょう。ホームレスになっている人が多くいるようです。借金で首が回らないから夜逃げをして、その後、新しい人生をやり直していくという、上手い話はテレビドラマの中だけの話のようです。

実際には、夜逃げをうまく行ったとしても、この情報化社会の中では、上手く隠れて生活していくことは不可能に近いかもしれません。

現実社会では、生活するためには、住民票、医療保険など、健全な生活を送るために必要なものがあります。これらがなければ、普通の生活は送れないのです。

保険証を持っていなければ、病気になっても高い医療費を支払うくらいなら我慢しようと、病院いかないでしょう。

また、住民票がなければ、子どもを学校に入学させることも出来ません。かといって、正式な手続きをして、住民票を手に入れると、必ずサラ金の知るところとなってしまうでしょう。サラ金に知られれば、借金から逃れることは出来なくなってしまいます。

ただ、夜逃げをしたり、ホームレスになったとしても、借金はなくならないのです。夜逃げをして借金から逃れることが出来るのは一時だけです。夜逃げをすれば、現実の社会から眼をそらせることが出来ます。しかし、夜逃げは何の解決にも至っていないのです。

夜逃げと自殺は紙一重

警視庁によると、ここ10年ほど自殺者の数は3万人を越えています。また、近年の自殺者のうち、4人に1人は経済・生活苦を理由にしているようです。多くの人が経済的に苦しんで、自殺への道を進もうとしているのです。

2006年には、サラ金が債権回収を行うために、借り手に生命保険を掛けていることが問題となった事がありました。しかし、未だに債務者が保険に加入していることを利用して、自殺後に支払われた保険金を債権者が受領しているケースも多数あるようです。

債務者が自殺すれば、その人の借金を含む財産は、法定相続人に相続されます。相続人が放棄すれば、その借金を含む財産は、相続人の元から離れます。借金はすべてゼロになるのです。

夜逃げイメージ

借金がゼロになるからと言って、簡単に自殺をしてもいい訳ではありません。自殺をしたら全てが終わりではないのです。

自殺による残された家族の悲しみや苦しみは計り知れないものがあるのです。また、借金から逃れたい一心で、夜逃げをしてしまう場合もあります。いずれにせよ、現実からの逃避を考えての行動になるでしょう。

しかし、借金があるのならば何とかして返す努力をする必要があるのです。現実から眼を背けても、問題解決は行えません。多くの借金があるのならば、法的な解決法である債務整理を行なうことも一つの方法です。

司法書士や弁護士の下、債務整理を行なえば借金整理をすることが出来ます。また、新しい人生を手に入れることが出来るのです。


Copyright 夜逃げの前に読むサイト All rights reserved.

privacy