借金返済を考える1

お金を借りた場合は、返さなくてはなりません。借りっぱなしにはできないのです。借りたお金は返さなければならないのです。借金を返済することが出来ないから、夜逃げをすれば、借金から逃れられると考えてはいないでしょうか。

借金返済を考える1(つづき)

貸金業者はそんなに甘くはないのです。どこまでもあなたを追って返済を迫ってくるかもしれません。夜逃げをする前に借金返済について考えましょう。では、お金の返し方には、どのような方法があるのでしょうか。

お金の返し方にはいくつかの種類があります。先ずは、一括で返済するのか、何回かに分けて返済するのかを考えます。借金は返済期限までに一括で支払うことが原則です。しかし、貸し主が「分割で返済しても良いですよ」と認めてくれるならば、分割で借金返済をすることが出来ます。

夜逃げイメージ

分割で借金を返済する場合には、貸し主と「毎月○万円ずつ返済する」「毎月○日までに支払をする」などと、細かいことを決めて借金を行ないます。

銀行や消費借金融などの金融機関からお金を借りた場合には、借金の返済方法には、元金返済額を一定にする支払い方法で毎月借金を返済していくことで、利息支払分が減っていく「元金均等払い」や、分割返済額を一定にする支払い方法である「元利均等払い」や、毎回の支払額を一定額にする支払い方法の「リボルビング払い」など、色々な方法があります。

お金を借りるときに、「利息はつけません」と言われれば、利息はつかないでしょう。しかし、親族や知人、友人からお金を借りるとき以外は、利息は付くのが普通です。

利息は元金に対する割合で表される方法が最も多くなっています。お金を借りる時には、利息はどのくらいなのか、また、返済方法はどうなっているのかなど、きちんと説明を受けてから借りなければなりません。


Copyright 夜逃げの前に読むサイト All rights reserved.

privacy