借金返済を考える3

借りたお金の返済期限が近づいてきているのに、返済するためのお金がない場合、あなたならどうしますか。慌てふためくでしょうか。それとも相手から連絡が来ても一切を無視して夜逃げ等、姿をくらませることを考えるでしょうか。

借金返済を考える3(つづき)

お金が足りなくて借りたのですから、返済期限が来ても、返済にまわせるお金がないという事態になる人もいることでしょう。

お金を借りるときには、返せると思って借りるのですが、いざ借金返済となれば、なかなか返しにくいということも事実です。しかし、借りたお金は返さなければなりません。

法的に解決する方法としては、特定調停、任意整理、個人再生法がありますが。これらの借金整理の方法で上手くいかなかった場合には、自己破産をすることになります。

夜逃げイメージ

自己破産をすれば、通常の生活が制限されることもあるので、自己破産だけはしたくないと考える人もいるでしょう。

もし、あなたがサラ金や商工ローンなどといった、高い利息を支払わなければならないようなところから、お金を借りているのなら毎月の返済だけでも大変なことでしょう。

返済期限が近づいてきているのに、返済のめどが立たない場合には、どうすればよいでしょう。その場合、「代物弁済」という方法もあります。

代物返済をする場合には、、差し出す品物に関して決まりがあるわけではありません。しかし、代物返済は返済金額を上回るような品物を受け取ってもらう必要があります。

返済金額以下のものですと、借り主側は、大きな損をすることになるからです。借金の肩代わりとなれば、何でもいいので、自分の大切なものや必要なもの以外で、ある程度の価値のある物を渡す必要があります。


Copyright 夜逃げの前に読むサイト All rights reserved.

privacy