夜逃げをしないための借金返済の法律

近年の日本は格差社会の広がりから、低所得者層が広がってきています。低所得者の人たちは毎日の生活を送るだけでも精一杯の人が多くいるのです。

夜逃げをしないための借金返済の法律(つづき)

審査が甘いサラ金やヤミ金でお金を借りることになってしまう場合もあります。そのため、多重債務問題も深刻化し、夜逃げの道を選択する人が現れてきているのです。

多重債務問題を解決するための法律があります。「新貸金業法」です。もともとあった貸金業規制法、出資法、利息制限法を改正したものが、新貸金業法です。

夜逃げイメージ

新貸金業法は、金利規制と貸金業規制を大幅に強化した法律となっています。弁護士、司法書士、ヤミ金被害者団体、労働団体、消費者団体など、金利引き下げのために、全国的に働きかけを行ったいきました。その結果、政治や世論を動かし、新貸金業法が出来上がったのです。

新貸金業法では、大幅に金利規制がされています。2009年からは、クレジット、消費者金融、商工ローン等、すべての貸金業者は、利息制限法の制限金利を越える金利(年15%〜20%)での貸付が出来なくなっています。

しかし、今の銀行の金利から考えると、利息制限法の制限金利である年15%〜20%の金利でも、まだ十分に高い金利です。今、銀行にお金を預けても年0、2%ほどしか金利が付かないのです。

お金を借りればとても高い金利を支払わなければならないので、出来ることならお金を借りなくてもすむようにしたいものです。


Copyright 夜逃げの前に読むサイト All rights reserved.

privacy