夜逃げをする前に相談しよう

夜逃げをする人の多くは借金があります。しかも一箇所からの借金ではないようです。何箇所からも借金をしていたり、高い金利のところから借金をしているために、毎月の返済が困難になるのです。

夜逃げをする前に相談しよう(つづき)

そこでどうしようもなくなって、夜逃げの道を選択します。

しかし、夜逃げをしても一時的に開放されるだけです。その後、びくびくして生活したり、社会とは閉ざされて生活を送る状況にならざるを得ないのです。

多くの消費者金融から借金を行っている人を多重債務者と言います。この多重債務者となり、借金の返済が滞りがちになり、どうしようもない状況になり、あとは夜逃げしかないと考えているのならば、少し頭を冷やして考える必要があります。

多重債務となっているのならば、先ずは債務整理を行なうほうが先決です。債務整理の専門家である弁護士や司法書士に相談してみましょう。

夜逃げ

電話で相談するだけならば、無料で行っているところも多くあります。弁護士や司法書士に相談すれば、最適な方法を助言してもらうことが出来ます。

彼らなら決して夜逃げを進めたりはしないでしょう。債務者にとって、夜逃げをすることでマイナスにはなるが、プラスにはならないからです。

弁護士や司法書士は、各都道府県に設置されている弁護士会や司法書士会、法テラスに行くことで、紹介してもらうことも出来ます。

しかし、適切な相談窓口を知らない多重債務者は、債権者の過酷な取立てや将来を悲観して、自殺や夜逃げをする人もいるのです。


Copyright 夜逃げの前に読むサイト All rights reserved.

privacy